カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS
 
HOME > 出雲特産 津田かぶ漬とは > 津田かぶ甘酢漬

津田かぶ甘酢漬

・津田かぶ甘酢漬

津田かぶを薄くスライスし、ゆずで香りを、昆布で旨みをプラスして甘酸っぱい上品な味に仕上げました。ご飯のお供にも、お茶請けにもおいしくお召し上がりいただけます。

明治の初めころ、松江の北堀橋住人荒木屋久右衛門が、京都で市販されていた白かぶの千枚漬けをヒントに考案したのが始まりとされています。当時のレシピはカンナで薄く削られた津田かぶを「求肥昆布」「柚子皮」「鷹の爪」を散らして、「酢煎り酒(今の合わせ酢のようなもの)」で漬けたそうです。当時たちまちに普及し松江名物となったといわれています。(荒木英之著「松江食べ物語」)


みやもと食品の「津田かぶ甘酢漬け」は5年前に当時のレシピをベースに、独自のアレンジを加え、より召し上がりやすい上品な甘酢味に仕上げました。津田かぶの持ち味に加えてほんのり柚子の香り、昆布の旨み、上品な酸味がバランス良く仕上がっており、大変ご好評いただいております。酢漬けのため日持ちもよく3月中旬まで販売しています。

津田かぶ甘酢漬けは冷蔵庫に保存していただければ約1ヶ月程度日持ちします。
開封後もシール容器など乾燥を防ぐ容器で漬け汁ごと保存していただければ結構です。
袋を開けたら切らず、洗わずそのまま器に盛り付けていただければOKです。

商品一覧

並び順:

説明付き / 写真のみ

1件〜1件 (全1件)

1件〜1件 (全1件)

ページトップへ